市川裕子
hod.vol.20artbook photo 013.jpg

詩人。

自作の詩を「海賊本」と呼ぶ独自形態の詩集に仕立て上げるのが、表現の基本スタイルです。

同時にそれを発展させて、詩の写真、詩のコラージュ作品、

詩の絵本を制作、ギャラリー等で発表しています。

個展やイベント出展の他、グループ展も主催。

また、ネットでの作品販売なども行っています。

「海賊本」とは、欲望に忠実な者が、

気に入った詩のページを本から破り取り、

自分で綴じて本にしたというイメージで制作しています。

海賊が持っている手製本というコンセプトから名付けました。

作品名 「樹海に眠る一粒の真珠」

(詩集の写真シリーズより)

 価格 3000円  技法 写真作品 

(自作の詩を独自のスタイルの詩集に仕立て、撮影)