B2額パネル、ケント紙、鉛筆

中国人ならば必ず登りたいというほどの有名な景勝地。古くから文人も登泊し吟じた。画面の歌は杜甫による。黄山に登り耳を澄ませば鳥が啼き盃を傾ければ木々が悄悄として囁くの意。鉛筆のみで水墨画を意識しつつ作画した

黄山に泊す B2 室岡覚

¥100,000価格
カラー

    当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

    Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

    ​当サイトに掲載されている作品の著作権は、全てそれぞれの権利者に帰属します

    ​大阪市北区中崎西4丁目WESTビル1-8

    Proudly created with artandselection.com