火牛の計とは木曽義仲率いる源氏軍が俱利伽羅峠(石川県と富山県境)にて夜間牛の角に松明を括りつけ峠から逆落としにして平氏軍を追っ払ったという伝説のこと。鉛筆を用いて水彩画タッチで描き画面上で牛を自由に配した。

俱利伽羅峠「火牛の計」 A3

¥300,000価格
カラー

    当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

    Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.

    ​当サイトに掲載されている作品の著作権は、全てそれぞれの権利者に帰属します

    ​大阪市北区中崎西4丁目WESTビル1-8

    Proudly created with artandselection.com