猪熊アイ子/Inokuma Aiako

30年以上の歳月にわたり四国の古い建築物を和紙に水彩で表現

その多くが取り壊される中で、作品への資料的な価値にも注目が集まる